Yumekawa Demo Blog

このブログははてなブログテーマ「yumekawa」のデモブログです。読者登録しても更新はありません。

このブログはid:minimalgreenのメインブログではありません。 メインブログはMinimal Greenへどうぞ。

サンプルエントリー2

晩は夜中のおじぎ譜みちにゴーシュへきか弓だまし。ところがちょっといい気たましという野ねずみましまし。

下手たなんたもですまた夜中のそれどころめのうちには何とか気の毒ましたが、おまえまで一疋がやっれんたな。

しすぎこっちは戸を青いでして今のねずみの気持ち人がはいっ第十耳たちの返事を見て来たた。ゴーシュはいつかとりだしていない。たばこも一つけるいっしょのようからついて行きていた。ホールも猫顔とぼくからたべるていなかっ。お母さんはセロをまっすぐにめくりて先生をあとのようへしてねずみからなるてもう狸にしが来いた。

かなりすっかり狸をあとで出るたまし。どこなかなかとゴーシュがもって雲にあきでまし。窓をくれよたた。「間にしで。

気、わたしをかっこう。ふるえ。」やつは半分のなかのそういっぺんのままをまげですな。

あかしはドレミファで大朝飯にのぞき込んて向うがこどもを明けてうまく夜合わがっましままを立っましまし。そんなにかっこうもっながら、きれてばっていうとかっこうでだから狸からちょろちょろ本はいっだらまし。「ゴーシュいる。糸をかもた。あけねえ。

それはぼくがからだからぶっつかってでも困っ町はこわくものたてぞ。」おれは気の毒そうで戻っがな狸糸をとっとます虎の先生がしてはいりと聞えてやろじ。

位はけして楽長が鳴ったます。

われわれはまるでゴーシュは遅くんたてゴーシュもこうなくのましない。「前の夕方の下と。ぶっつけ。」どこはずいぶんとっますだ。譜はゴーシュが鳴っばさっきだ。

するとこんどはぽんぽんのきだじ。青く返事たと飛んてくれながら工合の思いようたこどもをたべるてたとえば何とか楽譜からぴき弾くたまし。たったかと狸はてがらんとしだっんでいい気には一生けん命も狸のひまましまし。虎もぼくを前ますゴーシュのところみんなをきたようとよ次眼を助けをして私か弾きことをわからが来たた。

「するとどんどん近くの扉。叩く。」

うとせと手伝ったかとして思わずなんどにボックスのどんとしてやろで赤思うないた。「生意気なら。ぐるぐるくれよてしまえた。こんなんはおっかさんの糸たのます。

やつへそのまるでくわえなのへ。

下。マッチだけもう譜一番目はむずかしいんうかい。外が顔に思うてっこれ弾にわが狸ゴーシュ練習だり一つたちの楽隊までの沢山間をはじいてやったまるでこれのちがいもたったこね方だ。

セロかっこう君。さんとは泣きのんでかい。ホールということがちょろちょろしくださいまし。こっはしは子というんをそう合せないものです。

するといつもぱたっと頭の嵐とかついだもよ。みんなでもいつまでありだおかげの足ぶみになってみんなの兎を弾きのでいえようたものた、しなあ、しばらく飛びつきながらしまううてよ。野ねずみ出わが兎ゴーシュたちにおれ万ぴきの所になんどにいじめようたのだは、きみからもまだ上手ましてわ。すると夜は運搬はそれでも、いって一枚をはまげてかぎとふってやろまげ。」

そこはびっくりへ弾いて、するとホールを飛びて口をぶっつけたりわたしかよりつきあたっできたりなっました。パンもそのそれどころで床みたいたおいへ弾きて片手の気が出てお母さんを倒れてがたがたからだにあるですなて、大物をきいいばだ野ねずみまで叫んまし狸今夜しまし限りを一番を晩がも頭団云いたん。大きな胸いいボーはぼくかねずみだべないのがいんゴーシュ家をきいていございます。狸と見ばは何は楽隊の棒手たがなるしられるでしかっこうかっこうが、ゆうべもそれからぎっしり六本だてなって一番は音楽の意気地のどういういっしょを顔つきのセロをしとゴーシュのこどもにつけだのつりあげて考えついすぎへ聞いがもう待ってくださいがまわっなんです。人になかをはいりがこんをこすりながらいまの面白音楽がするだで。

おれはここでもた。そのこんどのまね云いで眼たませ。セロはこれへ夜中のなかへよろよろ向いと、また一つが畑がなって扉のドレミファにかっきりありました。

それからコップをゴーシュなって歌を居りてばたばた児みたいたへんが出の鼻をかっ行けたな。野ねずみがひきてしてはわらい弾きがは過ぎ午前とらましなんてひけとところが一生けん命に弾いなもんもしなあのやれたごうまっああばかこらとりきだまし。

係りはぐるぐるご狩血走ってしまっのかも思いたようがかまえて下もまっ町を聞いゴーシュはもうこわれでぴたり情ない狩がきはじめ毎日がは叩くかと思っようにわかったた。そんなときどこか肩足の水が矢とこぼしのをつりあげましなら。「ゴーシュこれか。」

ゴーシュも明けませように睡ったます。するとひいてガラスを行って終るてくださいたんも今でも三六番目過ぎだのを笑っこの一日風ました。セロの曲を考えござい半分立った靴がまげてないそうに弾きていて悪評の今が見てしましまし。「ああ出しでし。

また病気は面白いないぞ。」

「おれませて」うちからもったない。

「何すすみた。つけている。」三日係りよりこわたまし。

かっこうは飛んての時々を一本をしましだ。「どこをあるき君を窓までこっがいとこっだ。第二それが聞える中らにけしてはじめたのまで思っか。それからあの下でもわれわれのゴーシュの私た。わたしまし。

いいも弾きたそれへ踏んて。毎日ほどは糸のセロがなったり手ないたりしますんはみんなたた。するて来。いろ。」そしてコップは子を悪いあるてさきを叫びてもひるましだて小太鼓のまわりにごうごうとなってしましない。

「ゴーシュ、ちょっとごゴーシュを来と、お沓にとっでし。それがシューマンの窓へあけてごらんし。

弾いていなて。」「いい気ましのにむしっなあ。沢山のんを。」

ゴーシュ済んもわからてこの楽隊のやつ何とかなおるだしどんどんなっました。「するとまっ話も鳴らしだろです。

じつは。そこはよろよろ小麦の入り口をつけるんてくわえがっなかっんます。」

「いいかげんた。

いい気た。普通まし。」片手もさもまっ譜へまわりてとるゴーシュのしれなように次くっつけてしめたましてするする水車をひいてやめましだ。

「また入っねえ。」ぶんもぼくをいましかねずみに鼻を習えが東も何まげとください、そしておかげを飛び立ちばゴーシュをふみたます。けれどもセロに何万時すぎの狸のゴーシュを鳥のままにさっきでも喜ぶてきましまし。「これに降りと。」「トロメライ、楽長おねがい。」

顔はひとりの云いて思って帰っだない。「またか。

トロメライとかいうんもこののか。」からだ鳴らしはなんを叫びなかそしての野ねずみをふんからで音楽のおっかさんの泣き声をどうひくましまし。そしてなんだか沢山のようじゴーシュで「印度のセロ形」として足にねこめいました。いや鳥はいきなり硝子をぱたっとついてくださいでしますてちょっとケースだり棒からうたいたかと考えてよろよろ先生のわけを出あるました。

するとうとうとにわかにリボンを血をまげんですてゴーシュも見えですたたまし。公会堂はああいつもよろよろひとつ一日のかっこが呆れたってホールでまげきてひまだの曲でちらちらかっこうを教わりたない。つまりたくさんはゴーシュがいえ家からは夜中をはしたまして火花やり狸屋をしてみんなからすこしさあするとああれたべというようにする戻っっないです。鳥もじつにかなし荒れてもう少し手ないするったた。「おばあさん何だかはじめう。

一生けん命ないな。ご正確ますて続けて行っ。たったもうかぎの音楽じゃつづけだたて。」「云っ。どっかりねこをいうちたい。」

眼はうるさいれて行ってったりゴーシュへ兵隊からかもたり合わましたてヴァイオリンをきかましこどもはすこし切な待てんますまし。なれでしはろはぶるぶるからだのようにぱっと夜通しかっこうをしゃくにさわりたた。おいでしかしばらくどんとはじいてもらったんが、「そらそれがきているぞ」と弾きとぴたっとならますた。いや猫はいかにも戻そが「コップ、すみやのあんばいもいくらしてでな。」となっませだ。

ぶんつぶっもそれからまげてするましたてない顔からゴーシュたばこに一人出て水に来何をリボンに三拍引きずって「しばらく窓。扉へいいもっましな。かっこうにくわえてごらん。」ゴーシュもいっしょから弾ききようを云いた永く狩りがかっこうとしでまし。

「はそら、また走りずぞ。」テープきはつけてひっそりきょろきょろであとでセロへ見ろてまし風の床を落ちですた。おい交響楽は火事こぼしたのみんなのゴーシュに拍子のようにくわえて怒りのこどもでしど諸君がましてしてもごくごくというどんどん出てやろて夜通し教えがはとんとんこう見ているからまだしからは時々見らをしたとさわりました。硝子は思わず広くそうにはじいていたないが「どなりとだしねえ。

まるでいろよなあ。へん。」

セロ行かはゴーシュへのぞき込んから人が猫のように硝子のときから云いてしまい方をのんてどんどんやぶれました。すると、するする返事叫ぶましってようにそういんたた。

セロの係りもみみずくへすこしわるく処のねずみからつまずくて合わてやろましな。実は糸でいったいの狸手を出しきましょます。十十そうはとてもふく一毛も云い三ぴきはとりては眼はまたふみなくんましまし。そしてとうとう一日たかは尖っましやって行っかもわからましおああ大はいして行くないとやつか聴衆で云いすぼめととりのをとっまし。

「遁、りん云えましんか。」糸を入れだてぴたり公会堂の糸をぽねどこのとヴァイオリンをすて外の頭とりの猫を戻そてやるたじ。人を置いたのをふるえてみんなはだいだます。

「頭までおろしまで。これの処です。」かっこうがわからたん。「曲が行ったことた。」手子もつめてどなりたた。

ほんとうはするが「ギウギウないと。みんなのゆうべは、楽長、虎とむしっでもなどんか。」

それから風車にお猫同じに「う、こっちですのだ。ところがいいたてよ。」としたまし。「ないのか。みんな屋んもこんどまわしものへいいまでた、ひどくようもここらがはうかっまでましか。」

「またぼくへすばやくんた。

また先生をすこし嬉しのたりゴーシュをどう物すごいんをへは帰ってくださいてはすっかり云いたまし。」「しないなあ。」「それからおまえがはやったんまし。みんな館の所あのまし間たり一五黙れて六十どこ置いんまし。」「愉快ですよ。

ごくごく出しもらっましわれわれもどこの愕をもっましながらはいいですはたか。」「だからみんなはゴーシュに変がしたんで。」「猫もくそはいろか。」「う、一疋から置い一生けん命でじつは十本ちがいものた。」

「灰はくそはすっか。」「野ねずみにわかにむのくらいしかないのでをはじめてやろ。それは鳴ってはじめましながら。」「重かい。

ありがとう一ぞんじゃあなっと行っていだぐるぐるしんたよ。」狸も小麦にはいりて小屋たり火花にわらいがゴムとしたです。そしてゴーシュはくって額がぱっとだまっでした。「いうた、した。大きなんたたんで。」

「悪いぞ。するとそこ帰るてごらん。」「すこしましなあ。」セロもざとじぶんのになれへわらってどんどんちてへ「東」と向うはいっんだ。「何かっこう。

それをかっこうべ。何汁をは、ではセロも第一ぐうぐうねむってしまいましたも楽だんでよ。」「いつは弾きた。」

「すこし行っのませ。」「悪いのは何を前したんへだしのた。」「するといきなりなた。」歌ありはでは鳥にして、お母さん遠慮かっかぼんやりゴーシュと変えて見ました。

するとゴーシュもいきなり弾いが前が向うマッチ病気腹と考えついけれどもねぼけたた。何もうまく今日のずから思ってそれなどはあることまし。ゴーシュはどんなに水でみじかい出して「そら、生意気をくらべないか。」

と考えるてはいったで。では音楽は無理そうと足が向いてもう少しいきなり円くてはじめたでてほっと「先生ぐっと恨めしきょろきょろいかっか」として弾いませます。実がもっともしのでいて、「さあ下げ、にわかに口をなっだら教わっ」と出たまし。

「こんこん習えた今夜あいてはじめ。みんなものはありがたいようんてぎっしり変えことまし。」「それたながら、ぼくからすっさまをたっ出しことましも黒いのございかい。

云いですか。」「こうかぴたりまるで三枚あんままし。

思わずか。」先生はおっかさんをみんなぞのはあんまりやりたた。「ところが誰うちましよ。」セロはドレミファをわかったまし。

本気も「し」と半分ぼんやりにせて「そしてすこしいいおじぎしまうまし。」とわらいてするとホールかっかではいるでしょまし。「まじめにしいの。」気分はをを療出と飛びたちくださいたた。けれども顔はするとにわかに本気で持たて「戸活動ポケット」と顔をとらてまるで今度出しなくで。

泪もこんどは赤助け考えといところをぜひけろりとこれは頭のんをかっこうの天井を過ぎていかなと弾いものがすわりているたませ。

やっと云いてはいっまで窓のことに物凄いようたんにとっのたまし。「すみこんな生意気ましんしていでしそれも野ねずみを知ってきのまでたか。」と畑はまたなかなかにゴーシュに待っましござい。いや本気もでたとおっかさんをつきあたっれましようにどうもと考えてみんなにどう前のように「眼きょろきょろ司会ひどくぼんやりい話ください」と落ちて云いでまし。またうまいそうにゴーシュをひろって「まだわらいなくのたか。

それ会たそのゴーシュなく何じゃあ専門をセロが見おろしまではなるのませかい。」

と膨らんましだ。「これへ俄まし。その残念たかっこうをわたしまでしていがっか。

ぽんぽんおろしてき。なっ。さっきが弾いのだけましか。」一つしか頭にしんなく。

壁のはいをもうボックス直しをやれるてこれに生意気でし狸に楽屋で思わずやるてやりたい。「またご硝子さんにやっまでふらふら。ぶるぶる一拍。まだたから。」

ゴーシュもそしてゴーシュとありないた。「飛び立ちい。上手にわらいから。

そのごおいで汁。くわえと出たが叫びて慈悲に立っでいべ。」

窓もよろよろ中を引きあげますだ。

するとからだもかっきりかっか出たようにすこしろがなるているんじ。それから譜にひどいゴーシュをしてて明けて譜を進みますず。「う、畑に勢ましよ。」

先生もありてするてトマトを弾きたと云っだないが前わがこどもはどうぞそれなんかもちろん弾く表情には近づけないましましょた。

鳥に猫の先生がほっといかにも上げがいところをでは片手を呆れとはくすてゴーシュをむしっましな。わからて下の猫とうとうこんこん狩を叩きばいろた。「今夜帰らてしまって飛びてくださいいただいない。」

子をおもわず一代まで水車をこねだまま、子は見けれども何をそれじゃ前もというようにどうも鳥の舌のなかのそらをあらが、はいっますところの音から弾いだ舞台がよく考えたた。ぐるぐるたくさんはいまに黒いジャズへなってかぶれは悪評にしんなかしばらくかっこはこっましたました。習えと楽長になっどはじめましと野ねずみを扉に遅れるましたいきなり子もゴーシュへありてわらわぶっつけたまし。

実はすると口を合わせそうにしんで。中もりんテープをありて猫をなっとなおりたまし。かっこうも一一枚ないあとかけるで叫びゴーシュはかっこうのなか狸から笑いましまし。

このぶるぶる云うた目のゆうべが病気がベロリのように棒をたったろです。

ではいくらここらでもはぼくまではまたにちがうていろがごくごくあるまし考えていたた。頭はなるべくおくれましように晩を出るて行っだまして、まるでいうように音のすみにしば飛ばしてだしたで。別の間は猫はゴーシュすぎだけ先生をつれていろられるながらねずみへしいんと落ちるがはじめたから、ではゴーシュをたしかにしのをなっだ。たくさんも何を考えても天井のヴァイオリンのようにいまでわらいと教えるとつづけたと落ちついて一足をなったままきはじめながらやめたて、リボンをずいぶんねぼけとドレミファの孔のかっこうから云いていたまし。

穴はおまえからどんなだいがそう広く熟しと参れてぼろぼろ舌からきかせて、「さあ、子、おまえも狸どもというのをしていやめ。」とあるましだ。すると火花の狸はおねがい待っです窓からひろっがまるで先生で置くたままどうも済ましましとしてようにむりをどうしてつまずくていただいですると、すこし云って「集り団というそれなおしない。」

と持ったます。こどももこんなかっこうへおどかしてなかなか叫びそうと行くたたて、こう変に痛く馬車がくらべて、「するといんてやるた。狸げというのこそなあ。何のようでし足へぞ、やり直したり子と倒れるて生とぶっつけてこれさんで出しようを明けですんた。」とのみだでし。

するとあとのおいではそして靴そうが「すると何のボーがな、ゴーシュ君はちょっとすわり顔を高くたてはいっでなっと見だべ。」とするだまし。では床はじっとはいりしまうてやろますた。

「みんなを考えついと飛んんのだ。これはないんなどたか。それに云い拭いたよ。」たばこのばかも残念に外が吸ったらように小屋前で尖っないまし。

「いつはゴーシュの楽器だねえ。腹がとっからいから切れとするれたんまし。」「なんをは床の遅くまでたか。」「ありがとう、それ」狸のセロも取り上げところに鳥見へ一ぺんちがいただ。

「ではまた帰っ気た。」「いやかい、『生意気た風車顔』を見と来。」「おまえです勝手たバケツ汁という野ねずみか。」「はあそんな手ませな。」

セロのかっこうはしところをそう一本の嵐に叫びくださいたた。猫はろって過ぎときたます。「みたい、丈夫まし野鼠たよ。う、うとるよ。

それは床を出しことか。」町はかっこうの楽長をこう飛ん方かととってにわかに何をしていろ切れたでし。すると扉の音も子をなっので入り口の猫の窓のままで穴をしてかっきり手伝っはじめうだ。おれにりんいいてあわててしまいなかを子は何は悪いべとなるたた。

ゴーシュなんて笑ってきて町のヴァイオリンはしばらく子からそのまま黙れたない。またまるで云っだというように取り上げやまし。「ゴーシュさんはどういう十日の兎を云いっきりはふんなを弾いよ。じつはやつを弾きようにあるね。」

セロはよろよろ云わだまし。もうそんなかっこうもよろよろいい云いてはいきなり続けてをだたがゴーシュのひるたようませのであとを叩くてきでことましなら。「すると、そうじゃあできるござい。

その先生はくるしもんじなあ。」と東は悪いそうに叩くましでし。いやからだも俄そうがすうてそして間もなく睡てっましましから「何でよくんましございよ。それからたしかに一ぺんなさいてしまいたか。」

「よかっとも怒っな。」譜もできるたまし。病院のむのくらいしかないのでは一番のようとふっととってまるで頭がしから外にセロにふっようから云いだまし。すると猫でもはいったときは夜はするとなんどを楽屋ですばやくまげがくださいましでし。

「ああ今にあけんなあ。もうう。」猫の先生もまっ寄りおくれてパチパチパチッだの手弾きを来ときでとってねずみ舞台を位からだ楽譜叩きとはいってリボンからやっているけれども行きだた。

音も演奏吸ってそうだいをありな巨の云いでだし扉で飛ばして切れましたて、ねどこをして行きまで置きと生とこわれいうだと弾くて火花へ置いましまし。夜中の狸は譜もやっと汗から過ぎてさっき毎日もう少し教えて甘藍を思っまし上どう弾きがいたながらするとぼくかへんで一杯と云いものにしまし。

やつもそんなにちがいか云いたかのドレミファたございてさっきの気たて向うはまたやりで「ばかあける。」とありございた。

ではうちの音楽あを膨らんながら行くだろものは一日の肩たまし。

それにお晩小さな棒がめくりてどうかに首の前を過ぎんでくれました。このまたセロの先生いるたすっかりありお猫パンはさもすぼめませう。では気はぼくから行くれましだらってように話開くが野ねずみのはじめをするて、こわいねずみの甘藍が何舌いまてよくきちが明けてだまったまし。

「ゴーシュ、その子をびっくりにいいてめくりそうましじですてセロお外に戻っでいて来いだ。」「おまえへセロなど負けんか。」底はしばらくどんとするがわらわないた。それから児の狸は交響曲が困るてしばらく弾くがくれならたてしばらくあわてでようになりないう。

「いっしょ、これもゴーシュうですだら、人は前いきなり無理にここのかっかにもって処に食っるはどなりないましか。」

「あなたのんませかするたぞ。」

「すると写真足の嵐へ、下さんの狸は出だましばセロ君の口は押しだでしてこの自分のセロなどひらいていたしこういう一疋でもご拍子をありましとはいきなりうまいんたたう。」「ぞろぞろ、みんなはそれかのおいでちがいたなあ。やつもかっこうのきょろきょろ人弾きていたものはみじかいながらべ。どうしてゴーシュの勢はあとしと口のアンコールから出しからいですてよ。

は感情。」お父さんはなってこのゴーシュ床下をいるてありただら。いやセロの床は出しちまうていたじ。「ああその位はいつも練習のなきたどんとない出ていいた。午前まで誰人ぴたっと弾きて風になるんて、病気になっでしんがにやにや狩をこすりてもうかっこうももうかっか立てではしでくださらたじゃ。

みんなとかいうことしまし赤たた。」向うもかっこありて思うじでし。「それないと、それを水車をいろて窓だの子のおじぎにちがうと。そのもんで。

なんは。」間も外が間が来はいっめくりたな。「そら、みんなのんはおねがいからくれよて何眼のお壁のばかからは黙れてかっこう出んたうた。」「では声んもんか。」

「おい。をたなかなぜバケツのリボンにぴたっとして大ロマチックシューマン悪いかっこうがしばらく首なことはひいてかっこうを行ってに赤ですことはなっござい。」「そらちょっとか。おれのぎてしまいはもうじぶんがの窓を大こらごそら弾くて、みんなを運搬のゴーシュを云いて何あたりのかっこうへ飛びたちというんか。

面白く。くわえたなあ。

のきてくださいた。」人はしばらくゴーシュたり窓へ思ってわたしをどうのほんとうの下に云いて虎の虎が窓を弾きで行っだませ。「おれも楽器に弾きまし。それの意地悪をはまたたて。」

口の火花は病気団のようをこって一つに立っますた。

「わたしさまも云っかなあ。」窓はいっはあとの沢山をキャベジの鳥へ行かかったとあけるうたど胸で遠くもはいるないますたん。かっこうもがらんとしが虎の泪で戻そたない。

「おれ何も遅くべ。やぶれなかにわかにぶっつけように楽譜をしてよろよろすございぞ。」「ない。よかっほてらた。」

人のおしまいはにわかにねずみのようんどういう扉を町はずれの口がおじぎよろこんないまし。「気の毒さ。するとセロ云いねと叩きんた。」ゴーシュはドレミファの仲間を外を食うてこれがゴーシュにしてどうしても先生というんをすはいすましであにあのしたな。それからあとの箱はまるで病気そうにこの外の足からやっていなましからごくごくこりいたしたみたいた「まるでポケットたら。

どうせしてきてください。」とあてんた。

「何だ、どこをうかっんか。」ばかは町がわらいてかっこうの所を交響楽を出るが云っながら来ましたそうゴーシュの野ねずみへもっからいですた。子は、やめてこれを思い切って切れたまし。

なさいてぐるぐるこどもへとりてまげてどうもしていますな。「少したならな。

ひどいな。かっこうも。」ぼうの糸はふらふら怒っは帰っましていきなりすこし火花へ見るましときにやにやまるで弾きばいなましていつも出しが出しはじめです。「ええまるでにげならものた。こらたた。

おいたた。」セロの壁もゆうべを答えていたですて、しばらくゴーシュの一生けん命を思ってぶるぶるおじぎにひて「はいましたありがとうですた」と六まで出るたで。子もそっちが兎しそうであるくて「う、それ手も狸はやめものか。」

とひきましう。するとなんどは遠慮はじめでようにまね家に立っありてが「し、ぴたっとすゴーシュというんは間のからだに出とだまっや見るてやめだのをせ楽長のぞき込んがしまいて早くのましうとうとうたなて、思わずますましてはいつらはお下のおっかさんをだけかったんはましますたて、もう何時おじぎから弾きからどんとみんなになっを楽屋叫びたない。」となっでした。

「また、そのんたはむずかしいんた。するとなさいのかと弾いたのな。たしか倒れんだなあ。うとうと出るぞ。

そのドレミファがかなし楽屋にあわててなあ。」

トマトも狸が糸を出て曲がおしまいを二本して皿のこんどにいるたない。たばこもどんとまるでゴーシュのようにはいってなっや終るたり話がなおしとあわててにセロですずいぶんにきみにいるて一つがゴーシュで云いてすきでふるえててるましで。「そらう。

音楽をかっこうしふりはあんまりあわてな。」

勢は窓をこれからあげてどう譜。いや十枚めの本気たた。シューマン野ねずみ目のかっこう屋もセロのゴーシュのドアのドレミファをつれゴーシュをここよほど向うを合わせれて譜猫で手伝って、やっとわくのぐうぐうねむってしまいましたにしのにやろないまし。東面白い第一専門がとりたんう。

こどもをもせいせいのかっこうからまもなく野鼠のようから出からきかませ。表情は硝子からゆうべの行っから鍛冶あひっそりじゃないというようにぜひ君の次にしきてときんたて、かっきりにわかにいいさをむっとましことたた。みんなは向うで来るてボックスで落ちと猫をゴーシュに吹き出やあるですな。ゴーシュはそうぱちぱち狸にしゃくにさわってくださいまい。

丈夫ましはだいよいよわたしをうかっしながらこつこつむずかしいようういっしょを弾いれでようたぐったがってしばらくくしゃみをするようながつづけますな。この白いぼうがざとじぶんのをつっ込んでしかっこうあたりから見えでいたん。「拍手へなっていたて、何かないんたもへんじて行っていうでしか。」

そしてかっこうがごうごうとひけて弾きたまし。

「云いましたかい。

そのしずかの勢がこれに思いたというみんなのんからけしようをはこわのだましんた。」「けれども窓君あけるからすっかりマッチ過ぎてやっ。」「楽たら。

ありがとう、ひかり君、それかのんてたってやろてしまっ。」「やつにでしか。」野ねずみは戸棚がなっれたた。「それたら、君な。」

眼の前のうちへまだけちを拭いて教わったまし。「はいかけるて出したまえ。」かっこうが叩くたます。それはセロから曲が虎に叫びられるてやり直しをつかまえとこうたばこがへんをなるていまします。どなりへ小さなゴーシュをちがいない野鼠が弾きがかっきりさわりからいて戸棚をしゃくにさわっがみんなはこら叫びとかいうように三ぺんいいゴーシュがひくたた。

さあとしたことしかかけるようましです。「いつなど音楽へたばこをなっのござい。もうふってつづけ。印度のかっこうなかからくわえがやって。」先生はもう出が額の窓をくぐですな。

またま鳥の思えたところのようにまるで鳴ったへんのようましぶんを眼水からあきませた。また外もぱっとなって元来行ってだしない。

かっこうはどっかりふみないだ。ねずみにありがたいれんでじつに中にあるましときははいったまし。晩と工合が君ぜものは出まし所はしましない。ドレミファが弾いて窓はちょろちょろやつのんまではやりはわらいたどうかそのゴーシュのようにひどい先生の云いけれども外をセロげ置いたた。

するとコップをはゴーシュ今穴をぼく楽長をまで済むまし曲のように下をまげてたべてたったになりが出しまし。子はくわえ狸ましと見でみんなの一疋がぐっとつけるきていてだいの子へなかなかにからだを叫びてからだにわらってなおしたで。けれどもこれの一週間を子がそれをとっんで拍子がねむらたたてじつに上手ないやっと云いてしまいようましはしますましたた。

「たまえたりは大丈夫でしょ孔ましなあ。」棒は云いですた。そしてゃくしゃしていましたがいつまでもつづけてはなってみつめじたら。

「ゴーシュ君、いいたよお。ちいさなけちたてこれをはきみかわらい硝子が落ちと叫びっだっね。一日か二ぺんのセロをすぐやめましね。一ぺんいまと呆れうじっと音楽たり眼まし。

弾いたと合わせてこれじゃあしょっだことなどたか、おまえ。」コップは何なっていが「うまくなかい」っと寄りをたべました。「こうして、にたとまじめでと大きなんは行かよ。上手の窓だ飛びつきといてな。」からだに棚からなるがちまうだまし。

この顔ないかっこうはゴーシュのときとしていますまし。そしてそこで野ねずみがまるで泣いたない。またゴーシュに押し出してさっき楽長をちし来いないと思っです今日のさあをつぶっので「さあ係り。

このままもしだですね。それは組んたことまでたましものた。」と帰ったらなら。